大久保賢一@畿央大学のブログです。特別支援教育、応用行動分析学(ABA)、日々のつぶやき等。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 以前から興味があった「魔法のプロジェクト」のセミナーにようやく参加することができました。

IMG_1955.jpg 

セミナーの資料が公開されています。
クリック 

魔法のプロジェクトサイトはこちら
クリック 

アプリレビューは登録なしで閲覧することができます
クリック 

魔法のプロジェクトチャンネルはこちら
クリック 

事例報告も含めセミナー全体的にとても面白かったのですが(久しぶりに全く居眠りしなかった(^^;))、東京大学の中邑賢龍先生の基調講演が私にとってはとても痛快で印象に残るものでした。

以下、いくつかお話しくださったことを抜粋。
(私の解釈に基づき補完している箇所もあります。正確な書き起こしではありません)

〇教師は「世の中で発達障害は受け入れられない」と考えているので、それを治そうとする。しかし発達障害は治らない
・治らないものを治そうとする結果、特別支援教育では「無駄なこと」をたくさんしているのではないか?
・重要なのは「諦める力」を持つこと

〇我々は配慮のようにみえる「いじめ」、「差別」、「おせっかい」をしている
・どうしてもそれができない子どもを励まし無理に頑張らせる(いじめ)
・障害のため書くことのできない子どものワープロ使用を認めない(差別)
・自分で手動車椅子で移動できる子どもをわざわざ押してあげる(おせっかい)

〇テクノロジーを用いることにより、「できなかったこと」を努力させることなく今すぐできるようにする
・テクノロジーによって直ちに「スタートライン」を揃えることができる

〇なぜ通常学級では「特別扱いはできない」を理由にしてテクノロジーの使用を制限するのか?
・テクノロジーを制限しながら、「インクルーシブ教育の推進」というのはそもそも矛盾している
・テクノロジーなしの「裸」でインクルージョンすると、そのインクルージョンされた子どもは間違いなく依存的になっていく
・障害がある以上、インクルージョンしても他の子どもとの「差」は埋まらない
・だからテクノロジーで武装するしかない

〇「みんなと一緒に学ぶ」ということに必ずしもこだわらなくていい
・集団に入れなくてもその人なりに学べればいい
・仕事がなければ、みんなで仕事を創ればいい(これは特別支援教育の教師の課題でもあるかもしれない)
・「みんな」で結びつかなくても、「自分と合う少人数」で結びつけばいい
・テクノロジーはそのようなことも可能にする


みんなが「何となく感じているけどはっきりとは言わないこと」を、具体的に突きつけていただいたような気がしました。

私的に結構衝撃的だったのはこのスライド。

nakamura.png 

最後の「学校」という項目は、「テクノロジーは『学校そのもの』をも代替できる(かもしれない)」という意味ですね(^^;)
インクルーシブ教育時代に突入するこのタイミングで、もう一度「学校とは何か?」「みんなと一緒に過ごすことの意味は何か?」について考え直さないといけないのだと思いました。

時間が押していたので質問できなかったのですが、もし時間があれば・・・

テクノロジーが進化し、「障害の補完」を越え「能力の増強」にまで至るとき、教育においては
「平等性」を理由に「テクノロジーが進化すればするほど使えなくなってしまうのではないか?」という可能性について聞いてみたかったです。

特に入学試験など、「平等な競争」(これを定義するのがなかなか難しい・・・)が求められる状況で、テクノロジーはどのように位置づけられていくのかという可能性についてお聞きしたかったです。



タブレットPC・スマホ時代の子どもの教育 学習につまずきのある子どもたちの可能性を引き出し、未来の子どもを育てるタブレットPC・スマホ時代の子どもの教育 学習につまずきのある子どもたちの可能性を引き出し、未来の子どもを育てる
(2013/04/22)
中邑 賢龍、近藤 武夫 他

商品詳細を見る

発達障害の子を育てる本 ケータイ・パソコン活用編 (健康ライブラリーイラスト版)

発達障害の子を育てる本 ケータイ・パソコン活用編 (健康ライブラリーイラスト版)
(2012/09/11)
不明

商品詳細を見る




発達障害の子どもの「ユニークさ」を伸ばすテクノロジー発達障害の子どもの「ユニークさ」を伸ばすテクノロジー
(2007/12)
中邑 賢龍

商品詳細を見る








【2014/07/27 17:41】 | 教育問題
トラックバック(0) |


遠藤佑一
大久保さん、大変お久しぶりです。

自分が、ここ最近思っていることとして、いくら学校にATを入れていったところで、卒業後に受け入れる社会側の体制が整っていなければ、現場は簡単にATを受け入れられないのではないかな、ということです。将来の可能性に賭けて、有効に使える“かもしれない”スキルを子どもたちの欠かせないものとさせることに不安が捨てられずにいます。当たり前の話ですが、社会を生き抜いて行くために必要な能力は読み書き計算ばかりではないので、確かにATは魅力的で、現場にICTが入ることで子どもたちの理解は飛躍的に伸びる子もいます。ただ、それと同時に、学ぶべき大切なものを見失ってしまわないかなという不安も・・・。まぁ、そうさせないようにするのが私たち現場にいる教員の役割ではあるのですが・・・。
すいません、ちょうど自分も自校のICTプロジェクトに関わっていたので、思ったことをタラタラと書いてしまいました。
新天地での活躍を期待しています!!


大久保賢一
遠藤先生
大久保です。

コメントありがとうございます。
「学ぶべき大切なもの」とは一体何なのか?ということが難しいところなのでしょうね。

ICTの用い方によっては、先生が仰るようにそれを学び損なってしまうケースがあるかもしれないし、一方ではICTがあるから「学ぶべき大切なもの」を学ぶことができるようになるというケースもあるような気がします。

「障害者権利条約や障害者差別解消法の時代」になり、確実に「社会側の体制」の側にも変化することが求められるようになっていると思いますが、確かに学校の先生方の意識としてどうかという点は難しい課題であると思います。

またお会いできる日を楽しみにしております。

コメントを閉じる▲
 畿央大学、「教職員のための夏の公開講座」で一コマ担当させていただくことになりました。


koukaisemina.png

8月22日(金)の13時30分~15時(受付13時~)

会場はE棟1階のE101教室です。

「すべての子どもたちの成長を支える『かかわりの原理』」というテーマで応用行動分析学に関わる基礎的なお話をさせていただく予定です。

・行動を理解するための基本的枠組み
・行動の増減に関する基本的原理
・罰的な手続きの副作用
・スモールステップの指導法
・問題行動への対応の基礎

など、学校種や学級種を限定しない一般的な、そして実践的な内容にしたいと思います。


今回ご参加いただけるのは「奈良県の教職員」の先生方に限られているのですが、是非、多くの先生方にご参加いただければと思います。

申し込みはこちらまで
クリック

申し込みの〆切は8月16日(土)です。




【2014/07/21 21:02】 | お知らせ
トラックバック(0) |
今年度、和歌山県で実施される行動障害支援者養成研修の募集が開始されました。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/040400/koudou_sien.html

schedule.jpg 

今年度は講師としては、大阪府と並行しての連続研修になります。

なお、第2回の8月30日(土)は、公開講座ですので、連続研修参加者以外の方もご参加いただけます。

時間は10:00〜16:45、場所は県立わかやま館です。
http://www6.ocn.ne.jp/~wakan/

第2回(公開講座)では、「行動障害に関わる基本的な情報の収集・整理」、そしてその情報に基づく「行動支援計画の立案」について、わかりやすく詳しく解説をしたいと思います。

受講対象者は、「障害福祉関連施設、事業所の従事者等」となっておりますが、もし施設従事者以外の方(特別支援学校の先生など)が見学したいという場合などについては、県の担当者の方にご相談いただければ対応可能です。

多くの方々のご参加をお待ちしております。


【2014/07/17 13:20】 | お知らせ
トラックバック(0) |
「小さい頃からこだわりや多動がひどく本当に手がつけられなかった」
「教師から『親が甘すぎるからだ』と言われたので、自分の手が腫れ上がるまで子どもを叩いた。腫れ上がった自分の手を見て我に返った。それだけ叩いても何も解決しなかった」
「子どもが起きている時間帯に食事など取れたことがなかった」
「玄関から外に飛び出してしまうので、玄関に布団を敷いて寝ていた。やがて玄関は封鎖して家族は勝手口だけを使うようになった」
「行き先のない我が子のためにローンを組んで、『暴れても大丈夫な家』を建てた。しかし、その家は結局使われなくなっていった」
「『支援』は最も困っているときに提供されなかった」

これらはある「強度行動障害」と判定された方の親御さんの言葉です。
なぜ子どもに知的障害や自閉症があることによって、家族や本人の「生活の質」がこのように脅かされなければならないのでしょうか?

行動障害のほとんどは「学習されたもの」です。
したがって、適切なスキルを「再学習」していただいたり、あるいは問題行動が起こりにくく、適切な行動が起こりやすくなるような「環境設定」を行うことにより、行動障害は解決へと向かっていくと考えられています。

しかし、行動障害を作り出すのもまた周囲の環境なのです。
このような状況に置かれる方々を支えるための、そして、このような状況を可能な限り作らないための福祉であり教育なのだと、改めて強い責任感を感じました。

今年度、大阪府と和歌山県で強度行動障害支援者養成研修に携わらせていただくことになりました。

大阪と和歌山、それぞれ年内に6回の連続研修を行います。
大阪の案内はこちら(平成26年度強度行動障がい支援リーダー養成研修)
http://www.pref.osaka.lg.jp/sunagawa/sunagawa/oshirase.html

今週、大阪府の研修会がスタートしました。
第1回目の内容は、「目標設定と行動記録」。

「問題行動とは何が問題なのか?」
「支援の最終ゴールは、問題行動をなくすことなのか?」
「利用者さんのQOLを向上させるとは、具体的に何をどうすることなのか?」

など、少々抽象的なテーマではあったのですが、グループ内で具体的な形になるようディスカッションしていただきました。
「目標設定と標的行動の定義」は、6回の連続研修の中の「山場」であると思っていたのですが、何とか計画通り進めることができたように思います。

和歌山県のスケジュールが公開されればまたお知らせしたいと思います。
第1回は公開講座なので、どなたでも受講していただくことができます。
(もしかすると何かしらの条件がつくのかもしれませんが・・・)

これまでは鳥取と福岡を中心に行われていた強度行動障害支援者養成研修ですが、今年度から大阪・和歌山をはじめとして全国各地に少しずつ展開されていっているようです。

行動障害の理解と支援については、既に応用行動分析学やPositive Behavior Supportにおいて相当の蓄積があります。
このような知見を現場に浸透させ、施設職員さんと問題解決のプロセスを共有し、施設利用者さんの生活の質を向上させる仕事ができればと思います。

これらの事業は、次年度以降も継続して実施される予定です。
多くの福祉関係者の方にご関心を持っていただければと思います。

osaka.jpg 



【2014/07/11 11:53】 | お知らせ
トラックバック(0) |
週末、徳島の阿南支援学校さんにお邪魔して、県の発達障害理解推進拠点事業の一環として「学校全体で取り組むポジティブ支援」という演題で講演をさせていただきました。

徳島県といえば、日本行動分析学会の2011年度学会賞(実践賞)を受賞された徳島ABA研究会。
この研究会に関わられておられた先生方が、各学校や教育行政において活躍されています。
http://tokushimaaba-renraku.blogspot.jp/2012/09/blog-post.html

去年の教育心理学会のシンポジウムスライドも発見!
http://www.workitout.jp/simamune/contents/JAEP2013

講演の前後に、過去に先生方が取り組まれてきた事例、そして現在取り組まれている事例についてお教えいただきましたが、「標的行動の定義」、「記録を取る」、「データをグラフ化する」という、「学校ではなかなか難しいこと」が当たり前のようになされていたことにとても驚きました。

とても一朝一夕にできることはありません。
この十数年の蓄積の凄さを感じました。

(徳島ABA研究会さんでは、「事例研究支援データベース」を公開されています)
http://abaken-tokushima.net/cgi-bin/case_db/sh_data.cgi?


また最近では、なんとSchool-wide PBSにも取りかかり始められているそうです。
http://www.tokushima-ec.ed.jp/education_document/special_support/pdf/manabinowari-huretto.pdf

学業面の支援を含めた多層支援モデルを各校にいかに築いていくかという課題は、まだまだこれから取り組んでいかれるという段階ではありますが、その実現に向けての確かな基盤があります。

このような取り組みを支援することが自分の役割であると考えておりますので、私も先生方から学びながら、最大限貢献していきたいと思いました。

ABAやPBSは、ある固定化されたプログラムではなく、行動の原理であり問題解決のプロセスです。
「学校全体で」このような支援に取り組むといっても、それは先生方の実践に対して「こうしなさい」と拘束するというわけではないんですね。
乱暴な言い方かも知れませんが、「問題を理解するための枠組み」や「方針」や「解決のプロセス」を"ゆるーく”共有するということなんだと思います。

先生方の普段の実践を整理して合理化して促進させるような、それでいて先生方の個性や多様性が滲み出るようなSchool-wide PBSが実現できるようお手伝いしたいと思います。

IMG_1925.jpg 


スクールワイドPBS―学校全体で取り組むポジティブな行動支援スクールワイドPBS―学校全体で取り組むポジティブな行動支援
(2013/11/22)
ディアンヌ A.クローン、ロバート H.ホーナー 他

商品詳細を見る

【2014/07/06 22:39】 | 学校教育
トラックバック(0) |


現場の教師より
「スクールワイド」な支援は小学校より
中学校の方が現場としては進んでいると思う。
その必要性も高いため。

後は現実的には(当然であるが)管理職の力・意識
でしょう。

「スクールワイド」な支援はアメリカでも先進的な事例があるかもしれませんが、日本では遠い先に部分的に導入されるだけでしょう。

現実的に制度が違い過ぎる。クラスサイズや教員以外の関連職種が学校に入ることなど、共通の基盤ができてこと、実現可能なことも多いと思う。

行動分析に基づく支援を批判しているわけではありませんが、研究ー現場の乖離がやはりかなりありますね。(行動分析やアメリカの事例はすばらしいと思いますよ。ただ現場の人間からしたらやっぱり
行動分析に基づく支援や考え方って、まだまだ普及していない実感です)








コメントを閉じる▲
久しぶりのブログ更新。
ブログを書くのはいつも後回しになるので、普段から筆が遅いのですが...
今回は4月から職場が変わったこともあり、少々落ち着かずバタバタしておりました。

しかしはやいもので、北海道から関西に移ってもう3ヶ月。
少しずつ新しい生活にも慣れてきました。

さて、タイトルにありますように、先日、弘前大学で開催された行動分析学会に参加してきました。
そこでトークする機会をいただいた「インクルーシブ教育システムの構築:PBS・RTIモデルの応用と課題」というシンポジウムが、今後の実践や研究にとって重要であると思われたので、簡単ではありますが振り返っておこうと思います。

program.png

私は、教員研修を行った研究のデータをもとに以下のことをお話しさせていただきました。

①インクルーシブ教育の実現に向けて、行動分析学の知見は重要
②ただし、「行動変容のテクニック」のみが学校に伝わるのであればその意義は半減する
③重要なのは、随伴性の分析から子どもの不適応状態を理解し、「なぜ?」を考えて対応できる専門性
④これまでの研究で得られたデータからは、機能的アセスメントにおける情報収集と情報整理の「練習」だけを繰り返しても効果が薄く、「行動分析学の基礎的知識」が前提として必要であることが示唆されている
⑤しかし、行動分析学の基礎的知識を獲得するためには、時間と労力が必要
⑥「質の保証」と「普及」のジレンマとバランスをどうするか?
⑦データは「研修だけでは不十分な事例」があったことが示唆されている
⑧そのような事例に対して、どのような付加的なサポートを行えばいいのか検討しなければならない

さらに指定討論においては、以下のことを提案させていただきました。
(言い足りなかった分をちょっと補完して書きます)

①School-wide PBSやRTIにおける第一層支援(ユニバーサルな介入)、第二層支援(小グループに対する介入)は、日本ではまだまだ研究自体が少ないので、実践的な研究が必要
②第三層支援(個別支援)は既にかなりの実践例とエビデンスがあるので、今後は開発よりむしろ、それらの手続きを学校で効果的・持続的に実施するためのシステム・運用の在り方に関する検討が必要
③この領域に関心を持つ日本の研究者や実践家で、一緒にビッグマップを描き、課題とタスクを共有する必要がある。年に数回しかない学会では不十分。

特に③の動きを作るためにはやはり何らかの仕掛けが必要だと思うのですが、年内には何か具体的な一歩を踏み出せればと思います。

野口晃菜さんの米国におけるRTIのお話、馬場ちはるさんの日本の小学校における課題従事行動に対する支援のご報告は大変興味深い内容でした。

写真 (5)

特に印象深かったのは、井上先生が仰っていた「インクルージョンを進めるためには新たな強化を創出することが必要」というコメントでした。
凄く単純な例を挙げれば、例えば「困っている人を助けること」に対して、社会的な強化が随伴される環境を作るなどといったことです。

一般的な言い方をすれば、新たな「価値観」を作るということになるのでしょう。

そのように考えれば、「教師の行動」についても、「研修」(知識の伝達やスキル訓練)だけでは不十分であり、「支援行動が自発し強化される随伴性」を創出することが必要なのだと思います。
School-wide PBSで示されることの多いこの概念図は、そういうことを示しているのだなと改めて理解しました。


model.png 


後は旅の写真。
料理やリンゴは美味しく、温泉も良かったです(カプセルホテルですけど天然温泉)。

ryori.jpg 
keshiki3.jpg 
keshiki2.jpg 
keshiki.jpg 



【2014/07/04 14:08】 | 行動分析学
トラックバック(0) |

本日付で畿央大学の教育学部 現代教育学科に着任しました。
http://www.kio.ac.jp/

私は生まれも育ちも関西なのですが、つくばに5年間、そして旭川に6年間住んでいたので、およそ10年ぶりの関西ライフです。

前職における経験を活かしながら、精一杯頑張りたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

研究室ホームページもちょっと変えました。
http://ohkubo.justhpbs.jp/


logo1.gif 

【2014/04/01 21:22】 | 未分類
トラックバック(0) |
久しぶりのブログ更新ですが、1つお知らせです。

既に身近な方々にはお知らせしておりましたが、私は本日付で北海道教育大学を退職することになりました。

北海道でお世話になった方々には言葉にできないくらいの感謝の気持ちでいっぱいです。
今回、家庭の事情により北海道を去るという決断をするに至りましたが、北海道は本当に素晴らしいところでした。

現在は家族共々関西に移住し、新しいスタートを切る準備をしております。

※現在、次年度の講演や研修会の講師をご依頼いただくことがありますが、以上のような理由で北海道からのご依頼を受けることが難しい場合があります。
そのような場合は、ごめんなさいm(_ _)m


明日は新しい職場で辞令を受けます。


写真 

写真は3月19日の学位記授与式の写真。
まだ雪がいっぱいなんですね〜。
とても愛おしい景色です。




【2014/03/31 19:04】 | お知らせ
トラックバック(0) |

先日、うちのゼミ生を連れて日本理化学工業株式会社さんの美唄工場へ見学にお邪魔させていただきました。
http://www.rikagaku.co.jp/handicapped/

タイトルに「その2」とついているのは、実は5年ほど前に1度見学させていただいたことがあったからなのですが、是非もう一度学生たちを連れて行きたいと思っていました。

当ブログの以前の記事でも紹介したことがあったのですが、日本理化学工業株式会社さんは、従業員のおよそ7割が知的障害者であるという会社です。
以前の記事→
http://ohkubo14.blog103.fc2.com/blog-entry-25.html
なかなかスケジュールが合わなかったのですが、ついに後期に入り見学が実現しました。

工場長さんに会社概要を熱心にご説明いただき、実際に従業員の方々が働いておられる現場を見せていただくことができました。


↓数字が読めない方でも、色の弁別ができれば作業が可能になるはかり
はかり

 

 ↓数字が読めなくても時間がわかる砂時計

砂時計



↓数字が理解できなくても、チョークの長さと太さをチェックできるツール

_______________.jpg

 

「工程が先にあるのではない。個人に合わせて工程を作る」

「なるべく多くの人が変わらず働けるように、『人を減らすための機械化』はしない。しかし、作業が楽になる機械は導入する」

「基本的には、今持っている能力でいい」

「工程をどうするかは会社が考えること。問題は我々の側にある。その視点を持っていない人はリーダーではない」

「個人の能力と仕事との間にギャップが生じるのは工程のせい。ギャップを個人の責任にする会社はなくなってしまう」

「『能力』を理由に切った人は一人もいない」

「仕事が難しければ工程を工夫する。一度工夫してうまくいかなければ何回でも工夫する」

「『思い』だけでは経営が成り立たないので、「思い」を形にして経営戦略に落とし込む必要がある。そうしないと商品は売れない」

「そのように厳しい環境であるにも関わらず、『自分が必要とされる環境』にいる社員は、生き生きするということを学んだ」


上に書いたのは、私が工場長さんのお話しをうかがいながら、その内容をメモさせていただいたものです。
どのお話しにも共感すると同時に、胸が熱くなる思いがしました。


まさにICFなんてものが言われ出す何十年も前から、「障害は環境要因によって作られる」という「障害観」を持って、経営されていたということなのだと思います。

 

もちろん商品も魅力的であったので、色々と買わせていただきました。

ガラスに書いても消せる「キットパス」
http://youtu.be/gUABzS2fDjk


【2013/12/24 23:32】 | 就労
|

仕事上、たくさんの論文を管理する必要があります。
これまでは「紙の論文」をクリアファイルに入れて整理する方法を取っており、QRef(http://members3.jcom.home.ne.jp/qref/) という文献管理ソフトを使っていました。


色々工夫を重ね、管理方法もかなり確立されていました。
(PDFファイルで入手した論文も、印刷してファイリングしていました)


ところが最近は、ほとんどの論文がオンラインでPDFで入手できるようになってきていますし、ドキュメントスキャナが普及したことにより、紙で入手した論文もスキャンしてPDF化するのが容易になりました。


そこで、論文をPDFで管理するのを前提にして、使いやすい文献管理ソフトがないかなあと探していたのですが、私のニーズにピッタリの文献管理ソフト(ソフトというかサービス?)を見つけたので、紹介しておきたいと思います。


これから卒業論文や修士論文を書かれる学生さんにもお勧めです!
それが「Mendelay」です。

http://www.mendeley.com/


とても高機能なのに無料なんですね~。

〇使い方に関する記事まとめ→
クリック
〇「Mendelayの使い方」by 筑波技術大学→
クリック

ソフト自体も無料なのですが、何と無料で2Gのクラウドスペースも使うことができます。


このクラウドに論文PDFと論文情報をアップしておけば、ソフトを入れてある全てのコンピューターでデータが同期されるので、複数のコンピューターを使う人にとってはとても便利です。

もちろん、WindowsとMacの両方で使うことができます。


iOSアプリもあるのですが、私は純正アプリよりもPaperShipというアプリをお勧めします。

NewImage

クラウドを使ってこちらにも自動的にデータが同期されます。
アプリは無料ですが、1000円払うと論文ファイルにマーカーやメモを書き込めるようになります。
そして、書き込んだマーカーやメモもクラウドで同期されるようになります。


Mendelayで凄いと思ったのが、ある程度の精度でPDFファイルを放り込むだけで、自動的に論文情報を検索して入力してくれるところです。

不正確な場合も多いので、チェックすることが必要ですが、「検索して選択する」のと併用すれば、簡単に論文情報を入力することができます。

日本語論文であれば、
CiNiiから直接入力することが可能です。

 skitch.png

 



さらにさらにSNS的な文献の共有もできるんです。
チームで研究プロジェクトを進めるときに便利かもしれませんね。 





【2013/12/15 20:56】 | お知らせ
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。