大久保賢一@畿央大学のブログです。特別支援教育、応用行動分析学(ABA)、日々のつぶやき等。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超久しぶりの更新。

8月7日(金)に畿央大学現代教育研究所が主催する「学びを結ぶワークショップ」を開催します。

案内ページはこちら→クリック

私は、特別支援教育分野のワークショップ③「子供たちの多様性に応える『特別でない』支援教育について考える」というところを担当します。

参加費は無料。

午前と午後に同じプログラムをそれぞれ行いますので、ご都合の良い方へご参加いただけます。

私のワークショップへの参加条件は、「校種関係なしの教育関係者」なので、まあ教育に関係している方であればどなたでも結構です(^^;)

チラシ文よりコピペ。

「特別支援教育について考えるとき、私たちは「障害のある子供/障害のない子供」という 2 種類の子供がいるような錯覚に陥りがちです。しかし、子供は全て十人十色であり、それぞれが内容や程度の違う「学び方」や「困り感」を持ちます。そのような多様な集団を包括する「特別でない」支援教育の基礎となる行動や学習の仕組み、あるいは教室で実行できる具体策について一緒に考えましょう。」


ご参加、お待ちしております!

chirashi.png 



【2015/06/12 09:28】 | お知らせ
トラックバック(0) |
年明け、1月12日(月)に滋賀医科大学で行われる研修会のお知らせです。

滋賀医科大学の田中恒彦先生企画の「事例を通して学習理論の基礎から勉強し直そうぜ」という研修会です。

専修大学の澤幸祐先生からは、連合学習、古典的条件づけについて解説していただき、私の方からは応用行動分析学について解説させていただく予定です。

何となくの打ち合わせはしているのですが(まだ打ち合わせするのかな?)、ほとんどアドリブで何とかすることになると思うので、そのようなライブ感覚も楽しめればと思います(^^;)

講座名が「CBT実践家のための・・・」とありますが、私も澤先生も認知行動療法家ではありません。
なので、CBTをご専門にされている方はもちろんのこと、その他「行動」に関わる様々な現場に関わられている方にもお役立ていただける内容になるのではないかと思います。
(私個人としては、教育・福祉関係者の方にお越しいただければ嬉しいです)

参加費は無料で、学生さんの参加もOKです。


↓お申し込みはこれをクリックして行ってください。

sigaikadai.png 


既に80名以上の参加希望者がおられるそうですが、多分、まだ大丈夫だと思います。

年明け、皆さまとお会いできることを楽しみにしております。



メイザーの学習と行動メイザーの学習と行動
(2008/06)
ジェームズ・E. メイザー

商品詳細を見る

行動変容法入門行動変容法入門
(2006/01)
レイモンド・G.ミルテンバーガー

商品詳細を見る













【2014/12/24 08:47】 | お知らせ
トラックバック(0) |
 8月20日(水)から和歌山県の強度行動障害支援者養成研修がスタートしました。
http://ohkubo14.blog103.fc2.com/blog-entry-117.html

第1回のテーマは「目標設定と行動記録」。
ガッツリ6時間の研修を行いました。

長丁場であったにも関わらず、受講者の皆さまは熱心に講義に耳を傾けてくださり、グループワークにも積極的に参加してくださいました。

大阪と同様、スタッフワークも素晴らしかったです。

来週は大阪の第3回、そして和歌山の第2回と強度行動障害研修は続きます。

情報を整理して支援計画を立案する重要なステップに差し掛かるので、一段と気合いを入れて臨みたいと思います。

関係者の皆さま、またよろしくお願いいたしますm(_ _)m

IMG_2003.jpg 



【2014/08/23 20:46】 | お知らせ
トラックバック(0) |
7月29日(火)に大阪府の第2回(全6回)「強度行動障がい支援リーダー養成研修」を実施しました。

従来は第2回から「機能的アセスメント」に関する内容を扱い、個別的な行動支援計画を立てていく予定だったのですが、事前の打ち合わせにおいて砂川厚生福祉センターのスタッフの方々と相談して、「知的障害や自閉症のある方に対する『一次支援』について考える」とタイトルに変更しました。

「行動障害」に対する個別的な支援を検討するより前に、「通常の環境設定」、「通常のかかわり方」を再検討する方が優先されるのではないかと判断したからです。

少し詰め込みすぎてしまった感もありましたが、以下の内容について基本的な原理と具体例をお伝えし、各施設において実行できそうな計画を、それぞれの項目ごとに立案していただきました。

・環境の構造化
・声のかけ方、指示の伝え方の工夫
・動機づけを高めるための工夫
・スモールステップによる指導(シェイピングと課題分析)
・適切な援助とフェイディング
・選択機会の設定

次回以降は、各施設で取っていただいている行動記録の変容をチェックしつつ、各事例ごとの状況や行動の機能に特化した支援計画を立てていくことになります。

具体的な成果が見えて、参加者の皆さまの支援行動や記録行動が強化されるよう、こちらも頑張って取り組みたいと思います。


自閉症児のための絵で見る構造化―TEACCHビジュアル図鑑 (学研のヒューマンケアブックス)自閉症児のための絵で見る構造化―TEACCHビジュアル図鑑 (学研のヒューマンケアブックス)
(2004/02)
佐々木 正美、宮原 一郎 他

商品詳細を見る


働く自閉症者のための作業改善の工夫とアイデア―構造化で活かす一人ひとりの特性働く自閉症者のための作業改善の工夫とアイデア―構造化で活かす一人ひとりの特性
(2006/05)
自閉症者就労支援技術研究会

商品詳細を見る


自閉症児のための絵で見る構造化〈パート2〉―TEACCHビジュアル図鑑 (学研のヒューマンケアブックス)自閉症児のための絵で見る構造化〈パート2〉―TEACCHビジュアル図鑑 (学研のヒューマンケアブックス)
(2006/08)
佐々木 正美、宮原 一郎 他

商品詳細を見る



「構造化」による自閉症の人たちへの支援―TEACCHプログラムを生かす「構造化」による自閉症の人たちへの支援―TEACCHプログラムを生かす
(2008/05)
梅永 雄二

商品詳細を見る


見える形でわかりやすく―TEACCHにおける視覚的構造化と自立課題見える形でわかりやすく―TEACCHにおける視覚的構造化と自立課題
(2004/09)
ノースカロライナ大学医学部精神科TEACCH部

商品詳細を見る



【2014/07/31 14:58】 | お知らせ
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
 畿央大学、「教職員のための夏の公開講座」で一コマ担当させていただくことになりました。


koukaisemina.png

8月22日(金)の13時30分~15時(受付13時~)

会場はE棟1階のE101教室です。

「すべての子どもたちの成長を支える『かかわりの原理』」というテーマで応用行動分析学に関わる基礎的なお話をさせていただく予定です。

・行動を理解するための基本的枠組み
・行動の増減に関する基本的原理
・罰的な手続きの副作用
・スモールステップの指導法
・問題行動への対応の基礎

など、学校種や学級種を限定しない一般的な、そして実践的な内容にしたいと思います。


今回ご参加いただけるのは「奈良県の教職員」の先生方に限られているのですが、是非、多くの先生方にご参加いただければと思います。

申し込みはこちらまで
クリック

申し込みの〆切は8月16日(土)です。




【2014/07/21 21:02】 | お知らせ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。