大久保賢一@畿央大学のブログです。特別支援教育、応用行動分析学(ABA)、日々のつぶやき等。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年度の前期に、大学院の授業で「発達障害教育特論」という授業を担当しました。

受講者が発達障害に関わる文献をレビューし、プレゼンテーションを行い、皆でディスカッションを深めるという授業でした。

私自身の備忘録として、研究室のサイトに「授業で用いた文献のリスト」と「受講者の発表資料」を整理しました。

今までパスワード付のページだったのですが、どなたかのお役に立つこともあるかもしれないと思い、設定を変更してページを公開することにしました。


ページへのリンク→クリック


授業のテーマは以下のような内容でした。

○インクルーシブ教育
○発達障害の告知・自己理解
○発達障害と薬物療法
○発達障害(知的障害)と就労
○DSM-V
○新学習指導要領
○発達障害児・者の余暇支援
○発達障害と家族支援
○発達障害と非行・犯罪・司法
○ABAとTEACCH
○発達障害とフラッシュバック
○発達障害と虐待
○発達障害といじめ




【2011/09/28 15:25】 | 大学教育
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。