大久保賢一@畿央大学のブログです。特別支援教育、応用行動分析学(ABA)、日々のつぶやき等。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在、ABAI(国際行動分析学会)へ参加するためにアメリカ・コロラド州のDenverに来ています。
学会に関するレポートはまた帰国後にしようと思います。

少し間が開いてしまったのですが、情報がどんどん古くなってしまうので、飛行機の中で書いた被災地支援のまとめを記事にしたいと思います。

第2弾は発達障害のある子どもの保護者に関してです。
5月上旬時点において現地で得られた情報を要約すると、以下のようなことをあげることができます。


1.震災直後、保護者は「子どもから離れたくない」という気持ちになる傾向がある。しかし、家が手に負えない状況であるため、子どもの安否が確認された後も、しばらく保護者が子どもを引き取りに来ることができないケースがあった。

2.避難所で継続的な集団生活を送ることが難しいため、在宅を余儀なくされるケースもあり、孤立していく家族があった。

3.避難所生活の中では、「発達障害」に関連する支援ニーズやSOSを出すことが難しい状況があった。

4.避難所の利用が難しい場合、親戚宅に身を寄せる家族があったが、以下のような問題があったために、親戚宅にも居場所を得られないケースがあった。
・親戚一同が集まって生活をする際の「大人同士の諍い」が子どもに悪影響を与えるという問題。
・親戚の子どもも長時間一緒にいて「比較対象」ができるため、これまで祖父母などに対して伏せていた子どもの障害が明らかになってしまうという問題。


5.保護者に支援ニーズを尋ねても「私たちよりも大変な人がたくさんいる」という言葉が返ってくるばかりであり、支援ニーズがなかなか出てこない状況が見られた。そのため家族が必要とする支援物資でも、底がつくまでSOSが出てこないので、調達する時間の間は欠乏期となってしまった。

6.被災地である岩手沿岸部と宮城沿岸部では、「発達障害(特に知的障害を伴わないもの)があること」を地域の中で公にしづらい状況があり、親のネットワークも希薄であった。そのような土壌もあり、保護者の孤立傾向が高まっていると思われた。逆に仙台市は親のネットワークができていたため、被災後も親同士が支え合うという事例が認められた。

7.父親が仕事の再開に懸命になっている家族においては、学校開始までの母親の負担が非常に重くなるケースが認められた。

8.特別支援学校に自家用車で通学していた場合、車が流されてしまったために、学校が再開しても通学に困難が生じた。地域のバス運行が再開しても常時満員のために利用できないという状況が認められた。

9.発達障害の子どもを育てているがゆえの経済的負担があった。それらは大きく分けて「余暇」、「車(移動手段)」、「住宅」、「発達障害に特化した支援ツール」に関連する4点であった。

10.保護者が必要とする支援物資のニーズは3日単位で変化していた。時間が経過するほど、ニーズが個別化されていく傾向が認められた。


以上のような状況を踏まえ、以下のような支援や工夫が必要であると考えられました。



◆震災後に、障害のある子どもとその家族が安心して過ごすことのできる生活の場(避難所)を保証するための工夫が必要。二次避難所の設置のあり方の検討などが求められる。

◆避難所での支援の呼びかけに関しては「障害」という言葉をできるだけ用いない工夫が必要があると思われた。
例えば、「子どもさんの様子や行動でご心配やお困りがある方」など工夫した呼びかけ。

◆福祉避難所の事前指定、さらには特別なニーズ別に避難所を設置するなどの柔軟な措置を緊急時に実現できるような工夫が必要。

◆震災時の親の孤立、すべてを自分で抱え込まざるを得ない状況、SOSの発信控えを回避するためにも、地域の親のネットワークを日頃から整備しておく必要がある。

◆発達障害であるが故の困難さがあることを周囲に理解してもらうための手立てを工夫することが必要。例えば、震災後の一定期間のみ有効な「要配慮カード」を配布するなど。

◆交通手段を失った家族に対する通学支援が必要。

◆障害児の家族に対する緊急時の一時的な経済的援助を工夫する必要がある。
※具体的には、特別児童扶養手当の増額を期間限定で実施することなどを検討できないか?

◆震災後、一定程度時間が経過した時点からは、個別ニーズに対応した形で支援物資を送り届けるためのシステム整備が必要。例えば、被災地に近いNPOや親の会を支援ニーズ把握と物資供給の拠点とし、その拠点に対して全国規模で経済的バックアップを行うなど。



5月中旬以降の状況をきちんとフォローできていないので、上の状況は変わっている場合がおおいにあり得ると思いますし、提案に関しても既に実行されていることがあるかと思います。

そのような場合には、現地の最新情報について私に教えていただければ大変有り難いです。


【2011/05/31 08:51】 | 被災地支援
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。