大久保賢一@畿央大学のブログです。特別支援教育、応用行動分析学(ABA)、日々のつぶやき等。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成29年11月18日(土)13:30~から畿央大学の冬木記念ホールで「日本におけるインクルーシブ教育の最前線と研究の課題」というお題でフォーラムを開きます。

参加費は無料です。
申し込みはホームページの案内をご参照ください。
http://www.kio.ac.jp/upcomingevents/20180831/

チラシのリンク
http://www.kio.ac.jp/wp-content/uploads/2017/08/945c8381f9bbb601a567570b0e3c3597.pdf

内容は以下の通り。
私も登壇予定。
ここ数年取り組んできたダイバーシティ教育やSWPBSの研究を紹介して、インクルーシブ教育に絡めて話題提供しようと思います。

まだ若干の空きがあるようですので、ご関心をお持ちの方はお早めにお申し込みくださいm(_ _)m



〇13:30~14:30【基調講演】
日本における特別支援教育の現状と展望
 ―特別支援教育の現状、次期学習指導要領、教員の専門性向上など―
    講師:山下 直也 文部科学省初等中等教育局特別支援教育課課長補佐

〇14:40~16:30【フォーラム】
◆提案
・日本におけるインクルーシブ教育の最前線  渡邉 健治 畿央大学教授
・畿央大学におけるインクルーシブ教育研究の到達点と課題  大久保 賢一 畿央大学准教授
・特別支援教育の地域支援研究の現状と課題  相澤 雅文 京都教育大学教授

◆指定討論
・中井 和代 奈良県立教育研究所特別支援教育部長
・井坂 行男 大阪教育大学教授

◆コメンテータ  宮崎 英憲 東洋大学名誉教授


〇16:45~18:30 情報交換会
事前申込み制 (会費500円当日徴収 先着100名)




【2017/11/05 11:25】 | お知らせ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。