大久保賢一@畿央大学のブログです。特別支援教育、応用行動分析学(ABA)、日々のつぶやき等。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超久しぶりの更新。

8月7日(金)に畿央大学現代教育研究所が主催する「学びを結ぶワークショップ」を開催します。

案内ページはこちら→クリック

私は、特別支援教育分野のワークショップ③「子供たちの多様性に応える『特別でない』支援教育について考える」というところを担当します。

参加費は無料。

午前と午後に同じプログラムをそれぞれ行いますので、ご都合の良い方へご参加いただけます。

私のワークショップへの参加条件は、「校種関係なしの教育関係者」なので、まあ教育に関係している方であればどなたでも結構です(^^;)

チラシ文よりコピペ。

「特別支援教育について考えるとき、私たちは「障害のある子供/障害のない子供」という 2 種類の子供がいるような錯覚に陥りがちです。しかし、子供は全て十人十色であり、それぞれが内容や程度の違う「学び方」や「困り感」を持ちます。そのような多様な集団を包括する「特別でない」支援教育の基礎となる行動や学習の仕組み、あるいは教室で実行できる具体策について一緒に考えましょう。」


ご参加、お待ちしております!

chirashi.png 



【2015/06/12 09:28】 | お知らせ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。