大久保賢一@畿央大学のブログです。特別支援教育、応用行動分析学(ABA)、日々のつぶやき等。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年明け、1月12日(月)に滋賀医科大学で行われる研修会のお知らせです。

滋賀医科大学の田中恒彦先生企画の「事例を通して学習理論の基礎から勉強し直そうぜ」という研修会です。

専修大学の澤幸祐先生からは、連合学習、古典的条件づけについて解説していただき、私の方からは応用行動分析学について解説させていただく予定です。

何となくの打ち合わせはしているのですが(まだ打ち合わせするのかな?)、ほとんどアドリブで何とかすることになると思うので、そのようなライブ感覚も楽しめればと思います(^^;)

講座名が「CBT実践家のための・・・」とありますが、私も澤先生も認知行動療法家ではありません。
なので、CBTをご専門にされている方はもちろんのこと、その他「行動」に関わる様々な現場に関わられている方にもお役立ていただける内容になるのではないかと思います。
(私個人としては、教育・福祉関係者の方にお越しいただければ嬉しいです)

参加費は無料で、学生さんの参加もOKです。


↓お申し込みはこれをクリックして行ってください。

sigaikadai.png 


既に80名以上の参加希望者がおられるそうですが、多分、まだ大丈夫だと思います。

年明け、皆さまとお会いできることを楽しみにしております。



メイザーの学習と行動メイザーの学習と行動
(2008/06)
ジェームズ・E. メイザー

商品詳細を見る

行動変容法入門行動変容法入門
(2006/01)
レイモンド・G.ミルテンバーガー

商品詳細を見る













【2014/12/24 08:47】 | お知らせ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。