大久保賢一@畿央大学のブログです。特別支援教育、応用行動分析学(ABA)、日々のつぶやき等。
翻訳していた表題の本が8月28日に金剛出版さんから発売予定です。
ありそうであんまりなかった「家族支援向け」PBS本です。

IMG_2009.jpg

目次はこちら・・・

第1部 ポジティブな行動支援(PBS)の紹介とその全体像:PBSの基礎

第1章 問題行動の理解とその対応

第2章 ポジティブな行動支援(PBS)について


第2部 ポジティブな行動支援(PBS)のプロセス:問題解決の全体像

第3章 ゴールの設定

第4章 情報の収集と分析

第5章 計画の作成

第6章 計画の実行


第3部 ポジティブな行動支援(PBS)の実際:事例を通して実際のプロセスを体験する

第7章 アヤの事例

第8章 ユキの事例

第9章 ケイタの事例


第4部 ポジティブな行動支援(PBS)による生活の拡大:そのプロセスを家族に役立たせる

第10章 ポジティブな行動支援(PBS)を家族生活に取り入れる

第11章 誰に対してもポジティブな行動支援(PBS)が機能するために


少しだけ内容を抜粋。

「子どもに困難な状況に対処するための、新しく適切なやり方を教えることは、行動変容を促す最適な方法です」

「誰も他人の行動をコントロールすることはできません。自分の生活や環境をどのように組み立てるか、また自分がやり取りしている人にどのように応じるかを変えられるだけです」

「PBSは、よくある問題に対する可能性のある解決策のノウハウを示したレシピ本ではありません。親として遭遇する多くの状況に応用できる、創造的で問題解決的なプロセス示します。言い換えれば、私たち親が遭遇する可能性のある行動に対応するための、多くの選択肢の中から選び出すためのロードマップを提供します。中国のことわざで言えば、PBSは『魚を与えるのではなく釣り方を教える』ということになります」

「最優先の関心事は、子どもたちや家族がよりポジティブで実りがある生活を送れるための助けをすることです。PBSのプロセスを通して、家族はより多くのことに取り組め、より多くの場所に行くことができ、全体としてより豊かな経験ができるようになるべきです」

改めて目を通してみて、手前味噌ながら「良い本だなあ」と思います(^^;)


内容は少し専門的なので、ある程度の予備知識はある方がいいとは思いますが、多くの親御さんにお役立ていただける内容であると思います。

また親御さんの支援に携わる支援者の方々や、学校の先生方にも是非とも目を通していただきたいと思います。

Amazonではもう予約ができるようです。




子育ての問題をPBSで解決しよう! ―ポジティブな行動支援で親も子どももハッピーライフ子育ての問題をPBSで解決しよう! ―ポジティブな行動支援で親も子どももハッピーライフ
(2014/08/28)
ミミ・ハイネマン、カレン・チャイルズ 他

商品詳細を見る

【2014/08/23 21:33】 | 書籍紹介
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック