大久保賢一@畿央大学のブログです。特別支援教育、応用行動分析学(ABA)、日々のつぶやき等。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、うちのゼミ生を連れて日本理化学工業株式会社さんの美唄工場へ見学にお邪魔させていただきました。
http://www.rikagaku.co.jp/handicapped/

タイトルに「その2」とついているのは、実は5年ほど前に1度見学させていただいたことがあったからなのですが、是非もう一度学生たちを連れて行きたいと思っていました。

当ブログの以前の記事でも紹介したことがあったのですが、日本理化学工業株式会社さんは、従業員のおよそ7割が知的障害者であるという会社です。
以前の記事→
http://ohkubo14.blog103.fc2.com/blog-entry-25.html
なかなかスケジュールが合わなかったのですが、ついに後期に入り見学が実現しました。

工場長さんに会社概要を熱心にご説明いただき、実際に従業員の方々が働いておられる現場を見せていただくことができました。


↓数字が読めない方でも、色の弁別ができれば作業が可能になるはかり
はかり

 

 ↓数字が読めなくても時間がわかる砂時計

砂時計



↓数字が理解できなくても、チョークの長さと太さをチェックできるツール

_______________.jpg

 

「工程が先にあるのではない。個人に合わせて工程を作る」

「なるべく多くの人が変わらず働けるように、『人を減らすための機械化』はしない。しかし、作業が楽になる機械は導入する」

「基本的には、今持っている能力でいい」

「工程をどうするかは会社が考えること。問題は我々の側にある。その視点を持っていない人はリーダーではない」

「個人の能力と仕事との間にギャップが生じるのは工程のせい。ギャップを個人の責任にする会社はなくなってしまう」

「『能力』を理由に切った人は一人もいない」

「仕事が難しければ工程を工夫する。一度工夫してうまくいかなければ何回でも工夫する」

「『思い』だけでは経営が成り立たないので、「思い」を形にして経営戦略に落とし込む必要がある。そうしないと商品は売れない」

「そのように厳しい環境であるにも関わらず、『自分が必要とされる環境』にいる社員は、生き生きするということを学んだ」


上に書いたのは、私が工場長さんのお話しをうかがいながら、その内容をメモさせていただいたものです。
どのお話しにも共感すると同時に、胸が熱くなる思いがしました。


まさにICFなんてものが言われ出す何十年も前から、「障害は環境要因によって作られる」という「障害観」を持って、経営されていたということなのだと思います。

 

もちろん商品も魅力的であったので、色々と買わせていただきました。

ガラスに書いても消せる「キットパス」
http://youtu.be/gUABzS2fDjk


【2013/12/24 23:32】 | 就労
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。