大久保賢一@畿央大学のブログです。特別支援教育、応用行動分析学(ABA)、日々のつぶやき等。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカに渡って2日目。
今日は、オレゴン大学の敷地内やEugeneの街をウロウロして、少しだけ土地勘を掴むことができました。

休み明けから本格的にこちらでの活動が始まってしまうので、その前に先週1月27日(金)から1月30日(月)まで訪問していた岩手のことについて簡単な覚え書きを残しておこうと思います。
(ほとんど自分のためですが)

http://ohkubo14.blog103.fc2.com/blog-entry-70.html

久慈、釜石、大船渡では講義形式の勉強会と合わせて、「子育て茶話会」という地域の親御さんや支援者さんが集い、子育てのことについて語り合うという企画を織り交ぜました。
(大船渡は茶話会だけ)
地域におけるネットワークが育っていけばいいなあという願いを込めて、関係者の皆様と企画しました。


話し合いの中身のポイントとしては・・・

・仮設住宅に移ってから、「次の課題」に直面している
→仮設住宅の防音やプライバシーの問題
→地域の人たちがバラバラに移り住むので、「ご近所さんの支え合い」が消失したという問題
→「仮設に入ること」がとりあえずの目標だった人が、目標を失ってしまいがちになるという問題。次の目標になりそうなことは少し遠すぎる目標になってしまう場合が多い。

今、必要なこと
みんなが集まる場所、何気なく会話ができる場所
→いつもと同じ日常(ある特別支援学級の先生は、学校行事もなるべく震災前と変わらないようにするために努力されているということをお話しくださいました)
→遊び場所、暴れられる場所(公園などには仮設住宅が建っている、大人が発散できる場所も必要。今、釜石にはカラオケボックスが1つもない)
→情報や広報(震災後、施設やサービスが新設されてきているが、それが十分にユーザーに伝わっていないということ)

・子どもたちの成長や変化、感動
→特別支援学校に在籍している生徒さんのお父さんから
→震災後、息子さんが瓦礫撤去や炊き出しのボランティアに精を出すようになったとのこと
→震災前はそんなことやったことがなかったということ

宮古市で開催された発達支援セミナー「未来に向かって顔晴る(がんばる)ために~地震と津波と子どもたち、そして これから」も重く胸に響く内容が続き、本当に素晴らしいセミナーでした。

それぞれの地域をコーディネートしてくださった皆様、そして県の障がい保健福祉課の皆様に感謝いたします。

いったん、この事業は区切りとなりますが、今後も何らかの形で末永く関わらせていただきたいと思います。


↓写真は大船渡市。津波の爪痕は時間が経ってもはっきりと残されていました。
20120130_090640.jpg
20120130_090929.jpg
20120130_090703.jpg


↓でも、少しずつ整備が進められています。
20120130_090300.jpg
20120130_084816.jpg

ひょっとすると津波が到達した時刻を指しているのでしょうか・・・時計は止まっています。
20120130_091520.jpg



スポンサーサイト

【2012/02/05 17:27】 | 被災地支援
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。