大久保賢一@畿央大学のブログです。特別支援教育、応用行動分析学(ABA)、日々のつぶやき等。
ここのところ、被災地支援や防災に関わるお仕事に携わる機会をいただくことが多かったので、いくつかのトラウマ関係の文献や防災に関わる文献を読んだりしながら勉強を重ねております(まだ全然素人の域を出ませんが)。

その中で集めたいくつかの「災害時ガイドライン」のリンク先を記事にまとめておきます。
年代を見れば、恐らく多くのものが、阪神淡路大震災や中越沖地震を教訓にしたものであろうと思われます。

PDFへのリンクをつけておきます。

今後の新たな災害に備えて、「過去の教訓を踏まえながら、さらに東日本大震災の教訓を付け加える」という作業が必要なのだと思います。


•災害時地域精神保健医療活動ガイドライン(厚生労働省:平成15年)

•災害時要援護者の避難支援ガイドラインについて(内閣府:平成18年)

•災害時要援護者対策ガイドライン(日本赤十字社:平成18年)

•大規模災害における保健師の活動マニュアル(全国保健師長会:平成18年)

•福祉避難所設置・運営に関するガイドライン(厚生労働省:平成20年)

•防災ハンドブック:支援をする方へ(日本自閉症協会:平成20年)

•防災ハンドブック:自閉症のあなたと家族の方へ(日本自閉症協会:平成20年)

•旭川市災害時要援護者避難支援ガイドライン(旭川市:平成22年)

•日本精神保健福祉士協会災害支援ガイドライン(日本精神保健福祉士協会:平成22年)

•震災後の子どもたちを支える教師のためのハンドブック~発達障害のある子どもへの対応を中心に~(特総研:平成23年)




【2011/12/06 18:35】 | 被災地支援
トラックバック(0) |