大久保賢一@畿央大学のブログです。特別支援教育、応用行動分析学(ABA)、日々のつぶやき等。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペインの国際行動分析学会では、通常学級における行動問題をテーマに、「個別的支援」と「グループワイドな支援」の補完的な関係性についてディスカッションしました。

拙い英語でなかなかコミュニケーションが難しかったですが、非常に良い経験になりました。

※写真はクリックすると大きくなります

DSC_0140.jpg 

↓こちらは師匠の井上先生とリチャード・マロット先生
読んだことがある方も多いと思いますが、行動分析学入門の著者の一人です。

DSC_0110.jpg


以下、スペイン・グラナダの町並み。

DSC_9851.jpg DSC_9812.jpg DSC_0133.jpg DSC_0099.jpg DSC_9931.jpg DSC_9946.jpg DSC_9947.jpg    


世界遺産になっているアルバイシン地区の風景

DSC_9903.jpg DSC_9858.jpg DSC_9873.jpg DSC_9888.jpg DSC_9902.jpg


同じく世界遺産に登録されているアルハンブラ宮殿
DSC_9990.jpg DSC_9996.jpg DSC_9978.jpg DSC_0086.jpg DSC_0001.jpg DSC_0018.jpg DSC_0040.jpg DSC_0045.jpg DSC_0067.jpg

最後にパエリアとフラメンコです。

DSC_0108.jpg DSC_0118.jpg







スポンサーサイト

【2011/12/02 17:55】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。