大久保賢一@畿央大学のブログです。特別支援教育、応用行動分析学(ABA)、日々のつぶやき等。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今年度、大阪府と和歌山県でスタートした強度行動障害支援者養成研修は、先週大阪で第3回、和歌山で第2回を終え、いよいよ実際に支援計画を作成する段階に入ってきました。

 それでこれまでの研修で出てきた課題について整理して、今後の対応を計画しておこうと思います。

 今、連続研修では基礎的な理論を学んでいただきながら、機能的アセスメントと行動支援計画を立案するために、このような「ストラテジーシート」に記入していくという演習を行っています。

FBA.png 
BSP.png 


 そしてその方略は実際に各施設で実行していただき、今後の研修では行動記録を基に、評価と修正を繰り返すということになります。

 しかしながら、実際に研修の中で「ストラテジーシート」の作成を行う中で、いくつかの課題に直面することになりました。
 以下、直面した問題と今後どう対応するかのアイデアのメモ。

 何らかの形で読者の皆さまのお役に立てば嬉しいです。


〇結果事象のところに行動の随伴性には関係のない「行動の結果」を記入してしまう

(例)「自傷した結果、叩いたところが腫れ上がる」など、結果事象が強化なのか弱化なのか不明な記述(「行動の機能」という観点が欠けている)

(理由)
・「行動の随伴性」や「行動の機能」に関する理解が十分ではない
・ストラテジーシートの各セルの意味やストラテジーシート全体を作成する目的を十分理解していない

(対策)
・架空事例を用いたストラテジーシート作成の練習を数事例分繰り返し行う
・「結果事象」の箇所には「対象者がその行動によって『何を得ているのか?』(正の強化)『何から逃れているのか?』(負の強化)を記入するようにインストラクションする
MASなどの評価尺度を用いて「注目獲得」「要求」「逃避」「感覚」のどの機能に該当するか目星をつけてもらってから記入してもらう
・「ある刺激なし(刺激あり)→ある刺激あり(刺激なし)」で随伴性を記述する「行動分析学入門」で用いられている「随伴性ダイアグラム」を用いる


〇「結果事象」に記入する内容を考え出せない

(例)記入者から「私は問題行動に対して何も与えないし、注目もしないし、逃避もさせないので、ここに何を書けばいいのかわからない」という質問が出る

(理由)
・他の人が何らかの強化をしているが、ストラテジーシートを記入している本人はそれを知らない
・「消去バースト」で行動が維持しているので、ストラテジーシートを記入している本人には結果事象がわからない
・実は強化しているが、本人がそれに気づいていない

(対策)
MASなどの評価尺度を用いて「注目獲得」「要求」「逃避」「感覚」のどの機能に該当するか目星をつけてもらってから記入してもらう
・自分以外の人物の対応も視野に入れるようインストラクションする
・必要に応じて関係者会議を計画する
・必要に応じてSVによる直接観察を計画する


〇「代替行動」や「望ましい行動」を考え出すことができない

(例)記入者から「ここに何を書けばいいのかわからない」、「思いつくものはあるが、実際やってみてうまくいかなかった」「思いつくものはあるが、施設の現状では無理」という質問が出る

(理由)
・指導を試みたが失敗した経験がある、あるいは最初からとても無理だと考え、その行動が最初から選択肢から省かれてしまっている
・アイデアとして出された代替行動がその環境内で許容できないと考えられるので、最初から選択肢から省かれてしまっている(例:施設から脱走して近所のコンビニで無銭飲食してしまう利用者さんに対して、施設内で「お買い物」をしてもらって好きな食べ物や飲み物を得ることができるようにすることを思いついたが、1人だけにそのような特別扱いはできない)
・その環境内においては物理的に不可能であるので、最初から選択肢から省かれてしまっている(他の利用者さんの奇声が気になり攻撃行動を起こす方に、静かな環境に移動するよう要求させたいが、そのような静かな環境自体が用意できないなど)

(対策)
・最初はとりあえず思いついたものを書いてみる(ストラテジーシートを空白のままにしない)
・「過去の失敗策」には改善の余地があるかもしれないので、失敗した経緯をSVに相談して改善策を考える
・単に失敗を予期して候補から外している場合には、次善策が思いつかないのであれば、最善を検討しながらとりあえずやってみる
・「行動障害よりはマシであればOK」という観点を強調して、かなり柔軟に「許容できない」とされるその行動は、「本当に許容できないのか?」「行動障害の方が許容できるのか?」を施設全体で考え直してもらう
・あるいは「許容できる条件」について整理してもらう
・例えば「静かな環境」を用意するのが難しくても、耳栓やヘッドフォンなどで騒音を遮断するなど、全く別の方法によって目的を達成できないかを検討する
・利用者のスキルによって難しいと代替行動については、ツールやテクノロジーによって補完できないかどうかを検討する(必要であれば、その予算を確保する方法を検討する)


〇「望ましい行動」に対する正の強化子を設定することに抵抗感を示す

(例)記入者から「ご褒美を設定するとかえってそれにこだわるようになる」、「他の利用者が納得しないので特別扱いできない」、「ご褒美はずっと続けないといけないのでしょうか?」などといった懸念が示される

(理由)
・集団生活においては、メンバー間の「平等性」が重視される
・「お楽しみの設定」に関わる問題が実際に以前に起きており、その結果「刺激を与えないよう」制限してきた経緯がある
・記入者が「ご褒美で釣ることは良くないことである」という価値観を持っている

(対策)
・行動支援のゴールは「QOLの向上」であることを再度確認する
・「正の強化子」は「もの」に限定されないが、文脈に合えば「もの」的なご褒美も問題ない(我々の生活にもそのような例がたくさんある)ことを共通理解する
・「特別扱い」が難しいのであれば、その強化子をメンバー全員に提供できないか検討する
・それが難しければ、ニーズのある個人に「こっそり」提供することを考える
・強化子を設定することによる新たな問題が起こる可能性は確かにあるが(過度にそれを要求するようになったり、消去抵抗による行動障害など)、それは予測可能で解決可能な「壁」であり、新たなコミュニケーションスキルやセルフコントロールを学ぶチャンスであることを共通理解する
・それでもやはり甚大な被害が予想される場合は、別の方法を検討する


〇問題行動に複数の機能があるために、情報を整理できず計画がごちゃごちゃしてしまう

(理由)
・私が事前にきちんと解説していなかったため(反省)

(対策)
・各機能ごとに別のストラテジーシートを作成する
・機能の種類が多く、結果として方略が多くて複雑になりすぎる場合は、優先順位をつけて取り組む行動の機能を限定する


 私がここまでで学習したことは、行動支援計画の立案には時間がかかるということ(協議しながらストラテジーシートを埋めていくだけで5時間は必要であると思います)、そして経験がない作成者に対しては、かなりのプロンプトとフィードバックが必要であるということです。

 実感としては基礎研修で学んだ内容を、実際の支援計画に落とし込むのに「ちょっとしたプロンプトがたくさん必要」という感じです。
(ちょっと手がかりを出せば、「ああ、あれはここでこういう風に使うんですね」とすぐに理解していただけることが多い)

 今後は、施設や機関で方針を統一するために、そしてチームとして支援計画を立案し実行するために、各施設における組織マネージメントをどのように支援していくかということが課題になると思います。

 残りの連続研修もより良い研修にするために頑張りたいと思います。

 関係者の皆さま方、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m


スポンサーサイト

【2014/09/01 11:03】 | 行動分析学
トラックバック(0) |
久しぶりのブログ更新。
ブログを書くのはいつも後回しになるので、普段から筆が遅いのですが...
今回は4月から職場が変わったこともあり、少々落ち着かずバタバタしておりました。

しかしはやいもので、北海道から関西に移ってもう3ヶ月。
少しずつ新しい生活にも慣れてきました。

さて、タイトルにありますように、先日、弘前大学で開催された行動分析学会に参加してきました。
そこでトークする機会をいただいた「インクルーシブ教育システムの構築:PBS・RTIモデルの応用と課題」というシンポジウムが、今後の実践や研究にとって重要であると思われたので、簡単ではありますが振り返っておこうと思います。

program.png

私は、教員研修を行った研究のデータをもとに以下のことをお話しさせていただきました。

①インクルーシブ教育の実現に向けて、行動分析学の知見は重要
②ただし、「行動変容のテクニック」のみが学校に伝わるのであればその意義は半減する
③重要なのは、随伴性の分析から子どもの不適応状態を理解し、「なぜ?」を考えて対応できる専門性
④これまでの研究で得られたデータからは、機能的アセスメントにおける情報収集と情報整理の「練習」だけを繰り返しても効果が薄く、「行動分析学の基礎的知識」が前提として必要であることが示唆されている
⑤しかし、行動分析学の基礎的知識を獲得するためには、時間と労力が必要
⑥「質の保証」と「普及」のジレンマとバランスをどうするか?
⑦データは「研修だけでは不十分な事例」があったことが示唆されている
⑧そのような事例に対して、どのような付加的なサポートを行えばいいのか検討しなければならない

さらに指定討論においては、以下のことを提案させていただきました。
(言い足りなかった分をちょっと補完して書きます)

①School-wide PBSやRTIにおける第一層支援(ユニバーサルな介入)、第二層支援(小グループに対する介入)は、日本ではまだまだ研究自体が少ないので、実践的な研究が必要
②第三層支援(個別支援)は既にかなりの実践例とエビデンスがあるので、今後は開発よりむしろ、それらの手続きを学校で効果的・持続的に実施するためのシステム・運用の在り方に関する検討が必要
③この領域に関心を持つ日本の研究者や実践家で、一緒にビッグマップを描き、課題とタスクを共有する必要がある。年に数回しかない学会では不十分。

特に③の動きを作るためにはやはり何らかの仕掛けが必要だと思うのですが、年内には何か具体的な一歩を踏み出せればと思います。

野口晃菜さんの米国におけるRTIのお話、馬場ちはるさんの日本の小学校における課題従事行動に対する支援のご報告は大変興味深い内容でした。

写真 (5)

特に印象深かったのは、井上先生が仰っていた「インクルージョンを進めるためには新たな強化を創出することが必要」というコメントでした。
凄く単純な例を挙げれば、例えば「困っている人を助けること」に対して、社会的な強化が随伴される環境を作るなどといったことです。

一般的な言い方をすれば、新たな「価値観」を作るということになるのでしょう。

そのように考えれば、「教師の行動」についても、「研修」(知識の伝達やスキル訓練)だけでは不十分であり、「支援行動が自発し強化される随伴性」を創出することが必要なのだと思います。
School-wide PBSで示されることの多いこの概念図は、そういうことを示しているのだなと改めて理解しました。


model.png 


後は旅の写真。
料理やリンゴは美味しく、温泉も良かったです(カプセルホテルですけど天然温泉)。

ryori.jpg 
keshiki3.jpg 
keshiki2.jpg 
keshiki.jpg 



【2014/07/04 14:08】 | 行動分析学
トラックバック(0) |
この間、初めて教育心理学会の年次総会に参加してきました。
そこで、社会的スキル訓練に関するシンポジウムに参加、話題提供してきました。





Elliott & Greham(1993)を基に話題提供をさせていただきました。

発表の要旨は・・・
「社会的スキルに関わる問題には、様々な原因が考えられる」
「原因に応じた介入方略を検討する必要がある」ということでした。

「様々な問題」とは、ざっくり言えば・・・

・「どうしていいかわからない」問題
・「何をするべきか知っていても、状況が読めていない、いつそれをやっていいかわからない」問題
・「なぜそれが必要かわからない」問題
・「やり方は知っているけど、実際にはうまくできない」問題
・「やる気にならない」問題


といった問題があるように思います。

Elliott & Greham(1993)では、「知識とスキル獲得の欠如」と「パフォーマンスの欠如」と記述されていましたね。

SSTの基本的な流れと言われている、教示→モデリング→リハーサル→フィードバックという手続きは、「知識とスキル獲得の欠如」に対応する方法論なのだと思います。

以下は、シンポで使ったスライドの一部。
Elliott & Greham(1993)の内容ほぼそのままですが、訳は超テキトーです。


スライド1

スライド2   

スライド3

スライド4

スライド5


言いたかったことを一言にまとめれば、「社会性の問題→SST」という短絡的な意志決定はすべきではないということでした。

なぜなら、「個人の行動」は、環境との相互作用の上に成立するものであり、そのような視点を持たなければ、問題の本質を見落とす可能性があるからです。

例えば、SSTを行い「仲間に入れて」と言えるようになっても(スキルを獲得しても)、周囲の子どもたちがその子どもを拒絶すれば(行動が強化されなければ)、当然、「仲間に入れて」と言う行動が自発する可能性は低くなるわけです。

私は、社会的スキルに関して、特に「実際場面における強化」が重要であるにもかかわらず、結構見落とされているのではないかと思います。



Elliott , S. N. & Gresham, F. M. (1993):Social skills interventions for child. Behavior Modification, 17, 287-313.
($25と少々割高感がありますが、クレジット決済で購入することもできます)



【2011/08/05 11:03】 | 行動分析学
トラックバック(0) |
最近何だか忙しく、ブログの更新もかなり滞っていました。

忙しくても、「自分から何かを追っている感覚」があればいいのですが、「何かに追われている感覚」が蓄積すれば、疲れも溜まってきます。

全てのことにおいて、もっとスピードアップするための「要領の良さ」を磨かねばなりませんね。
(自分の場合、要領よくやろうとすると手抜きになってしまうので難しいのですが・・・)

さて、もうだいぶ前のことになってしまいましたが、5月下旬に国際行動分析学会に参加してきました。

今回は「学校支援」と「スタッフトレーニング」に関連する講演や発表を見て回りました。
やはり英語のヒヤリングにはかなり難があるので、聞き取れる情報の量には限りがあるのですが、結果のグラフがあれば何とか理解できます。
それと、最新の研究のreferenceを示してもらえるのはとても有り難いです。

自分もスタッフトレーニング関する研究を発表しました。

印象的だったのは、行動分析学で典型的なシングルケースデザインの研究発表と合わせて、無作為比較試験(Randomized controlled trial:RCT)が用いられている研究がいくつかあったこと(以前からあったのかな?)、それとメタ分析に関するシンポジウムでした。

今、うちの修士の学生がシステマティックレビューに関する研究を進めているのですが、メタ分析の研究発表はとても参考になりました。

(司会をしていた先生に、「スライドを全部ください」(I am sorry to ask you, please send me the PowerPoint slide of all
presentation in symposium.)とメールしたのですが、返事は未だに来ず。さすがに非常識だったか・・・

写真は私が発表しているところと、「学会の合間」にメジャーリーグを見に行ったところです(決してサボっていたわけではありませんので)

次は今年11月にスペインで開かれる国際行動分析学会に参加する予定です。



DSC02225_convert_20110628175322.jpg 


DSC02285_convert_20110628175206.jpg





【2011/06/28 18:00】 | 行動分析学
トラックバック(0) |
近年、諸先輩方のご活躍の成果もあり、行動分析学に関連する本が多く出版され、私が専門にしている「特別支援教育」という領域においても、少しずつ行動分析学が知名度を得てきてきているように思います。

特に「応用行動分析学」(ABA)では、その「実用性」が重視されるので、実践的で問題解決に直結するところにニーズがあるのだと思います。

しかし、まだまだ行動分析学に対して、「アメとムチ」、「“子どもが何かをできたらシールをあげる”テクニック」などという表面的な理解に止まっていたり、「心や認知を無視している」、「人間は機械ではない」、「人間は刺激と行動だけで説明できるほど単純ではない」などという誤解に基づいた批判も多くあります。

もちろん、小難しいことは言わず、「役立てばOK」という側面もあるのだと思いますが、行動分析学に興味を持たれた方には、是非とも「徹底的行動主義」という行動分析学の本質にも触れていただきたいと思います。

行動分析学の基礎になっている「徹底的行動主義」という考え方を学ぶためには、「スキナーの心理学・応用行動分析学(ABA)の誕生」という本がオススメです。


本文から特に印象深かった一文を抜粋。


スキナーによると、認知は科学としても正当な意味を持つ。しかしながら、認知を、別の行動を説明するためのものではなく、説明されるべき行動と見なす(p46より抜粋)。

つまり、徹底的行動主義では、認知や「こころ」の存在を否定するのではなく、それもまた行動であると考えるのです。
そして、その制御変数を個体内に求めるのではなく、飽くまで環境内に探し求め、問題解決に役立たないトートロジーを避けるという姿勢を大前提にしているということだと思います。

以下、目次。


・はじめに
・B.F.スキナーという人
・スキナーの背景
・行動科学の哲学-徹底的行動主義-
・オペラント条件づけと実験行動分析
・認知について
・言語行動
・応用行動分析
・自己管理
・行動科学による理想社会の建設
・行動分析への批判
・行動分析の貢献
・スキナーの業績


行動分析学を本格的に学びたいという人、そして、「行動分析学が嫌いだ」という人に是非読んでほしい一冊です。



スキナーの心理学―応用行動分析学(ABA)の誕生スキナーの心理学―応用行動分析学(ABA)の誕生
(2005/12)
ウィリアム・T. オドノヒュー、カイル・E. ファーガソン 他

商品詳細を見る



【2011/04/07 21:55】 | 行動分析学
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。