大久保賢一@畿央大学のブログです。特別支援教育、応用行動分析学(ABA)、日々のつぶやき等。
平成29年11月18日(土)13:30~から畿央大学の冬木記念ホールで「日本におけるインクルーシブ教育の最前線と研究の課題」というお題でフォーラムを開きます。

参加費は無料です。
申し込みはホームページの案内をご参照ください。
http://www.kio.ac.jp/upcomingevents/20180831/

チラシのリンク
http://www.kio.ac.jp/wp-content/uploads/2017/08/945c8381f9bbb601a567570b0e3c3597.pdf

内容は以下の通り。
私も登壇予定。
ここ数年取り組んできたダイバーシティ教育やSWPBSの研究を紹介して、インクルーシブ教育に絡めて話題提供しようと思います。

まだ若干の空きがあるようですので、ご関心をお持ちの方はお早めにお申し込みくださいm(_ _)m



〇13:30~14:30【基調講演】
日本における特別支援教育の現状と展望
 ―特別支援教育の現状、次期学習指導要領、教員の専門性向上など―
    講師:山下 直也 文部科学省初等中等教育局特別支援教育課課長補佐

〇14:40~16:30【フォーラム】
◆提案
・日本におけるインクルーシブ教育の最前線  渡邉 健治 畿央大学教授
・畿央大学におけるインクルーシブ教育研究の到達点と課題  大久保 賢一 畿央大学准教授
・特別支援教育の地域支援研究の現状と課題  相澤 雅文 京都教育大学教授

◆指定討論
・中井 和代 奈良県立教育研究所特別支援教育部長
・井坂 行男 大阪教育大学教授

◆コメンテータ  宮崎 英憲 東洋大学名誉教授


〇16:45~18:30 情報交換会
事前申込み制 (会費500円当日徴収 先着100名)




【2017/11/05 11:25】 | お知らせ
トラックバック(0) |
 8月6日(土)@奈良、8月8日(月)@徳島、8月9日(火)@畿央大学で実施したJoe先生のPBSワークショップ無事に終了しました。
いずれの会場においても多くの方々にご参加いただき、大変意義深い学びの時間を過ごすことができたと思います。

Joe先生のお許しを得て、当日に配布した資料を公開します。
奈良県と畿央大学で実施した家族支援の4時間ワークショップ、そして徳島県で実施したSWPBSの6時間ワークショップのものの2点です。

資料はこちら→クリック

非常に時間がない中での翻訳作業であったため、ゼミ生に手伝ってもらったり、チェックが不十分であったりして、誤訳も数カ所あります。
日本語の不自然さや数カ所の誤訳はお許しください(ワークショップにおいては、気づいた範囲で誤訳はその場で訂正しました・・・)。



【2016/08/12 10:03】 | お知らせ
トラックバック(0) |
明日からカナダのブリティッシュコロンビア大学の「ジョー先生」ことJoseph Lucyshyn博士をお招きしての家族支援と学校支援をテーマとしたワークショップツアーの始まりです。

BCBAとしてバンクーバーでご活躍されている館真理子先生の通訳付きです。

8月6日(土)には奈良県発達障害者支援センターでぃあで家族支援のワークショップ
http://deardeer.hozanji-wel.org/k2016.08.03.pdf
(満員御礼)


8月8日(月)には徳島県でSWPBSのワークショップ
(既に県内の先生方で満員御礼のため非公開)



8月9日(火)に畿央大学で家族支援のワークショップやります。
http://www.kio.ac.jp/upcomingevents/20160809/


8月9日(火)の畿央大学のワークショップには、まだ若干の参加定員のゆとりがあるようです。
原則的には先着順ですので、関心をお持ちの方は是非早めのお申し込みをお薦めいたします。

対象は教師、福祉関係者、保護者と基本的にどなたでもOKです。


【2016/08/05 14:31】 | お知らせ
トラックバック(0) |
超久しぶりのブログ更新。

8月9日(火)に畿央大学でワークショップやります。
http://www.kio.ac.jp/upcomingevents/20160809/

カナダのブリティッシュコロンビア大学の「ジョー先生」ことJoseph Lucyshyn博士をお招きしての家族支援をテーマとするワークショップです。

BCBAとしてバンクーバーでご活躍されている館真理子先生の通訳付きです。

私は主にグループワークのお手伝いに入る予定です。

以前、2013年の夏にも北海道で同様のワークショップを開いたのですが、大変好評でした。
http://ohkubo14.blog103.fc2.com/blog-entry-107.html

参加の上限が80名となっており、原則的には先着順ですので、関心をお持ちの方は是非早めのお申し込みをお薦めいたします。
対象は教師、福祉関係者、保護者と基本的にどなたでもOKです。

ジョー先生とは8月6日(土)に奈良県発達障害者支援センター「でぃあー」、8月8日(月)に徳島県教育委員会でもワークショップを行いますが、そちらはまた追ってお知らせします。




【2016/06/02 22:14】 | お知らせ
トラックバック(0) |
超久しぶりの更新。

8月7日(金)に畿央大学現代教育研究所が主催する「学びを結ぶワークショップ」を開催します。

案内ページはこちら→クリック

私は、特別支援教育分野のワークショップ③「子供たちの多様性に応える『特別でない』支援教育について考える」というところを担当します。

参加費は無料。

午前と午後に同じプログラムをそれぞれ行いますので、ご都合の良い方へご参加いただけます。

私のワークショップへの参加条件は、「校種関係なしの教育関係者」なので、まあ教育に関係している方であればどなたでも結構です(^^;)

チラシ文よりコピペ。

「特別支援教育について考えるとき、私たちは「障害のある子供/障害のない子供」という 2 種類の子供がいるような錯覚に陥りがちです。しかし、子供は全て十人十色であり、それぞれが内容や程度の違う「学び方」や「困り感」を持ちます。そのような多様な集団を包括する「特別でない」支援教育の基礎となる行動や学習の仕組み、あるいは教室で実行できる具体策について一緒に考えましょう。」


ご参加、お待ちしております!

chirashi.png 



【2015/06/12 09:28】 | お知らせ
トラックバック(0) |